プロカメラマン守安但さんに学ぶ写真術|トイカメラ風が失敗のもと?

知り合いのプロカメラマン、守安但さんから学んだ様々なテクニックを紹介します!

プロカメラマン 守安但さんに聞くスマホでの撮り方

こんにちは。プロカメラマンの守安但さんが、今日は「スマホ写真で差をつける方法」について教えてくれました。

スマホで写真を撮ってSNSなどにアップするとき、料理やスイーツを撮る人は多くなったのではないでしょうか。

料理やスイーツといったフード写真の基準は、いかに「美味しそうに見えるか」です。お皿に盛りつけられた料理やスイーツをじっくり見て、自分が美味しそうと感じる部分はどこかを考えましょう。その部分を見つけられれば、それが一番映える角度や切り取り方を見つけて撮るだけです。

上から全体を撮ると平面的ですが、料理の配置がよくわかります。

高さがあまりない料理や、皿の中での配置にこだわっている料理に向いています。

たとえばカフェごはんの定番「ワンプレートランチ」。

サラダ、メイン、主食と全てがひとつのお皿に盛り付けられているワンプレート料理は、そのバランスを崩さないように全体を撮りましょう。全体を上から撮って正方形にトリミングしています。お皿の形と配置された料理が均等にバランスよく見えるため、おすすめの撮り方です。

正面から少し斜めの状態で全体を撮ると、立体感が出て全体の様子がよくわかります。

お店に入る前から料理の写真を撮るつもりならば、あらかじめ席の位置も考えましょう。基本的には窓際が良いですが、光が強すぎるとコントラストが高くなり、料理の影がハッキリし過ぎてしまいます。

フード写真にとっての良い環境は影がふわっとしていてコントラストが低めの状況です。店内のテーブルに置かれた小物の影の状態を見ながら、自分が座る席を探してみても良いでしょう。

テーブルに置かれたフォーク、ナイフといったカトラリーやドリンク類などの配置にも気を配りましょう。

必要がないものは、写り込まないようにフレームから外したり画角を変えたりと工夫しましょう。

少し角度をつけて撮ると主役が何かが分かりやすくなり、お店のメニュー写真のように撮ることができます。

以上、守安但さんのカメラテクでした。